HOME 目元の老化

目元の老化

女性の年齢が感じられる部分として『目元』の悩みも多いのではないでしょうか。目元は他の部分よりも皮膚が薄く繊細なので肌の衰えが一番に表れてしまうパーツ。日常的にケアの必要な部位になります。

〈目元の老化のサインはこれ!〉
①目の下のたるみ
目元の皮膚の弾力性が低下すると、目の下のたるみに!乾燥や衰えによってハリを失うと、重力に負けてたるんでしまうのです。

②青クマ・茶クマ
目の疲れ・不規則な生活・ストレスにより血行が滞った状態を長く放置してしまうと、「青クマ」と呼ばれるうっ血が。また、紫外線や乾燥、摩擦などによりメラニン色素が増えることで「茶クマ」が現れることも。年を重ねるにつれて目の下に色素沈着を起こしてしまいます。

共に、毛細血管の衰えにより機能が低下し、血行不良となり余分なメラニン色素の排出も正常に行えなくなってしまうのです。

 

③目の下・目尻のしわ
肌の乾燥により、表面の角質が薄く硬くなり、次第に弾力が失われます。更に、目を動かしたり表情を作ったりすることによりくっきりとしたしわが刻まれてしまいます。また、PC作業の時間が長かったり、長時間運転など目の疲れが原因でしわができることも。


☆セルフビューティボックスでは目元専用の機械を使用し、普段ご自身の力や努力では届かない真皮の部分からしっかりケアさせて頂きます!普段の生活での注意はもちろん大切ですが、より奥から改善をしていきましょう。

目元の衰えには予防が大切!

目元の衰え皮膚の状態が原因で関わってくることが多いのです。改善・予防をするにはどうしたらよいでしょうか。

〇血行促進と保湿
頑固なクマやシワは、目元の血行を促進することで改善できます。レンジで温めたタオルなどを優しく目に当てて、温めながら目を休ませてあげて下さい。目元が温まると、毛穴が開いた状態となるため、化粧水や保湿クリームの浸透もUPし、保湿効果も。

〇冬でも紫外線対策は忘れずに!
紫外線は一年を通して地上に降り注いでいます。特に皮膚の薄い目元は紫外線の影響を受けやすく、お肌の乾燥に繋がりたるみやシワの原因に。お顔用の日焼け止めや、UVカット効果のあるメイク下地など使用し、目元までしっかりと紫外線対策を。

〇目元への刺激は最低限抑えるように
クレンジング・洗顔・顔を含タオルなど目元に触れるものは優しいものを選んで下さい。また、それらを使用する際にも目元を強くこすったりしないようご注意を。お化粧時、ファンデーションを塗る時もこするように塗るのではなくそっとなでるようなイメージで。

MENU

/