HOME しわの改善

しわの改善

「しわ」の原因は老化だけではありません。確かに老化と共にしわは増えていくものですが、原因はそれだけではないのです!しわの種類には、①表皮性のしわ②真皮性のしわ③表情じわ の3つあります。

①表皮性のしわ
肌の角質層の水分量の低下(乾燥)や新陳代謝の低下によって作られるシワです。皮膚の薄い目尻や目の下などにできやすいです。細かいしわですが、集まると目立つことも。

②真皮性のしわ
深さが真皮まで達するので真皮性ジワと呼ばれます。目尻や額に深く出来るのが特徴。原因として、真皮の中のハリを保つ働きのあるコラーゲンやエラスチン、潤い成分のヒアルロン酸の減少により弾力がなくなると。紫外線によるコラーゲン破壊も原因の一つ。

 

③表情じわ
笑ったり困った顔をしたり、表情を繰り返し作ることでその部分が繰り返し折り曲げられてできるシワのこと。顔の骨格でも出方は様々ですが、例えば一重まぶたで目を見開く事が多い方はおでこに横じわが、頬がたるむとほうれい線ができやすくなります。

それ以外にも、飲酒喫煙・活性酸素・摩擦・不摂生な食事・表情筋の衰えなども考えられます。

☆セルフビューティボックスではフェイシャルの新技術「マルチポイントRF」を使用し、より深部までのフェイシャルケアを行うことが可能です。
肌表面の負担は最大限に抑え、特殊な照射エネルギーを加えて、肌全体だけででなく、目元の細かいしわまで対応します。肌をピンと張ってくれるので、リフトアップ効果も期待大!

しわを改善するには

しわを改善するには、多方面からのケアが可能です。
原因ごと、改善方法をお伝えいたします。

①表皮性のしわ
肌の乾燥ケアがとっても大切。
肌が乾燥するとお肌の角質層が乱れ小さなシワが出来やすくなります。
お肌に必要な水分はおよそ37~47%。毎日のスキンケアは念入りに、ぐっとお顔を上げるように行いましょう。
〈やりがちな間違ったスキンケア〉
×パックを長い時間行う(15分以上)
×スキンケア時のパッティング(優しく抑えるのが正解です)
×摩擦が強い(タオルオフ時等)
×洗顔後、お化粧水のみで保湿ケア終了(最後に蓋をする保湿剤が大切)

②真皮性のしわ
・紫外線対策として、毎日お顔用日焼け止めやUVカット効果のある下地を使用しましょう。車や部屋の中でも紫外線カット効果のあるカーテンやガラスがおすすめです。
・コラーゲン減少に対しては、コラーゲンは肌から入れようとしても原子が大きく入りませんので、サプリメントやドリンクが効果的!

③表情じわ
表情筋の凝りにより老廃物がたまってしまっているので、表情筋をほぐすように。
お顔の筋肉を緩めることにより、顔の凝りが取れてすっきりします。
・目の周りは眼球を大きく360度回すのを時計回り・その反対も行いましょう
・口周りは口の中で舌ベロを大きくまわしてみて下さい。
筋肉が動かされているのを実感しながら、試してみて下さい。

MENU

/